SPM400お試しキャンペーンについて

カタログPDFダウンロード

文字入れサービス(有料)受付中

SIIグリーン商品ラベルこのマークは、SII独自の環境配慮基準を満たした 商品であることを示すものです。

Twitter Facebook

TOP > やってみよう > テンポを設定するには?

やってみよう−メトロノームの使い方

2テンポを設定するには?

メトロノームのテンポ? 設定の仕方は振り子式、デジタル式、ダイヤル式等、形状によって異なりますが、それぞれ簡単に設定することができます。ただし、機種によってテンポの範囲と刻みが違いますので、細かく設定したい方はご注意を!

振り子式

振り子式
ゆうすい(遊錘)

ゆうすい(遊錘)というおもりを上下に移動することでテンポを設定します。上にずらすと遅くなり、下にずらすと速いテンポになります。

文字盤には、メトロノーム記号の数値と速度標語が併記してあります。ゆうすいの上端を目盛りに合わせて設定します。

1分間に40〜208回の範囲で設定できますが、目盛りの刻みが1ずつではなく、また遅いテンポと速いテンポでも間隔が一定ではありません。

デジタル式

デジタル式

スイッチ操作でテンポを設定します。設定したテンポは液晶画面に表示されます。

振り子式やダイヤル式に比べ、テンポの設定できる範囲も広く(30〜250回)、1ステップずつ設定できるのが特長です。

ボタンを長押しすると数値が早送りされる機能もあります。




前ページへ次のページへ