SII キャラクター

技術系(生産技術)

森口 亜生子Akiko Moriguchi

生技開発センター 生技企画部 2011年入社

就職活動は多数の企業を研究する絶好の機会です。技術系学生は自分の専門に関連した企業にばかり目が向いてしまいがちですが、初めは視野を広くして、色々な分野の企業を見た方が良いと思います。私は、大学院では分析化学を専攻しており、『食品の元素分析』に取組んでいたため、就職活動では食品・飲料メーカーばかり注目していたのですが、『分析』といった観点からSIIにも目を向けてみました。選考ステップの中で、実際にSIIの社員の方々と話をしてみると、先輩方の人の良さや若手育成を重視する環境に強く惹かれ、長く勤めるには企業の考え方や『働く環境』が一番大切だと考えるようになり、SIIへの入社を決めました。

製品とともに生産設備も進化させる。SIIのモノづくり技術の革新に挑む。

各事業部との連携で生産技術の課題に挑む

生産技術 職場風景1

私が所属する生技企画部では、SIIの国内外の工場の生産性を向上させる、という仕事があります。事業部単位では解決できない生産技術的課題に対して、まずは工場に赴き、現場を自分の目で見て、どんな課題で困っているのか、どのように改善を進めていくべきかを考えます。現象やその原因を正しく把握して改善策を立て、開発部や現場の方々と協力しながら進めていきます。

入社後1~2年目は水晶事業部後工程の改善を担当し、3年目以降は主に機械式時計の組み立てラインの改善や新規設備の立上げに取り組んでいます。国内工場だけでなく、海外工場に行くことも多々あります。シンガポールやマレーシアの工場にて、現地のスタッフ達と仕事を進めていくのは容易なことではありませんが、少しの英語とたくさんのジェスチャーを駆使してコミュニケーションをとりながら、課題を一つずつクリアしていく中で信頼関係を築いていきます。次第に私を頼って連絡をくださるようになると、大きなやりがいを感じて次の仕事への原動力となります。

男女関係なく、若い技術者に仕事を任せる

生産技術 職場風景2

就職活動では「社会の中で形になって見える仕事がしたい」という希望を持っていました。現在、生産設備の開発を担当している機械式時計は、まさに社会の中で多くの人が身に着けているモノであり、担当製品を街中で見つけるたびに、喜びとともに達成感を抱き、生産技術の仕事の魅力を再認識します。

また、若いうちからやりたい仕事を任せてもらえる環境もSIIの魅力のひとつです。私は機械系出身でなく、モノを作るための技術や設備についてド素人の状態で入社しました。多数の人とコミュニケーションをとりながら、生産現場に入り込んだ改善がしたい、という私の意思をくんでいただき、大学時代の専攻とは関係なく、生産技術部へ配属となりました。さらに、入社して2年目にはマレーシア工場への設備導入に携わり、一部のセクションを一人で担当させてもらいました。プレッシャーもありましたが、その分使命感を持って仕事に挑めましたし、先輩方のたくさんのフォローがあって成し遂げられたと感じています。SIIは男女関係なく、能力や思いを重視して仕事を任せてくれます。私の部署では、女性技術者が1割程度占めていますが、各人が重要な仕事を任され、意欲的に業務を進めています。

リーダーとしてプロジェクトを動かす日を夢見て

生産技術 職場風景3

生産技術の知識やスキル、経験や判断力がまだまだ不足しているため、先輩方に教えてもらうことばかりです。ひとつの分野をすべて任せてもらえるレベルに達していけるように、自身のスキルアップの必要性を感じます。自分の業務以外のことにも興味を持って、一歩ずつ着実に経験を重ね、様々な技術的課題に対してスピード感を持って解決策を発信できる技術者に成長していきたいです。将来的にはSIIのモノづくりがどうあるべきかという視点を持ちながら、リーダーとしてプロジェクトを動かしていけるようになれたらと思っています。