SII キャラクター

技術系(時計設計)

森 裕一Yuichi Mori

ムーブメント事業部 時計設計部 2008年入社

就職活動で、自分の希望に100%合った企業に出会うことは滅多にありませんし、そこまで判断すること自体も難しいと思います。そうであるなら、自分の目で見て、耳で聞き、心で感じることを信じ、多少なりとも「この会社で働いてみたい」と感じたら、それが正解だと思います。私の大学院での専攻は機械物理工学であり、機械式時計に興味があったため、その領域の企業を軸に精密機械メーカーまで幅を拡げて企業研究を行いました。SIIに決めたのは、企業の空気や社員の方に接し、「ここで働いてみたい」と素直に思えたからです。

世界最高峰の技術蓄積のもと、人々の感動を生む製品開発へ挑む。

未知の世界を開拓するようなワクワク感がある

時計設計 職場風景1

時計設計部には「機械式時計」「アナログクオーツ式時計」「デジタル時計」「要素開発」のグループがあります。私は機械式時計のグループに所属し、現在、新製品のムーブメント設計を担当しています。ムーブメントには百以上の微細部品が使われますが、各部品の形状・公差・材料・処理などを決定する設計は、製品の品質を左右する重要な工程であり責任も重大です。自分にとって機械式時計のメカニズムは入社後に初めて触れた領域であり、まさにゼロからのスタートでした。当初は五里霧中の状態でしたが、SIIに蓄積された世界最高峰の技術ノウハウの一つひとつを学ぶたび、自分の知らなかった世界に触れ、その世界を開拓するようなワクワク感がありました。現在でも非常に奥が深く、今後の開拓余地も大きい分野だと実感しています。

達成感に想いを馳せ、自己向上や技術課題に挑む

時計設計 職場風景2

製品の開発は、企画・設計・デザインレビュー・試作・評価・工場量産の工程を経ます。設計は原則的に企画からの要望を受けてスタートしますが、時計のトレンドは変化が激しいため、設計者自身が市場ニーズを積極的に研究し、より高いレベルの判断能力を磨く必要があると感じています。また、仕事では各工程の担当者や海外工場との情報交換も頻繁に行いますので、それらの技術者との円滑なコミュニケーション力も求められます。技術知識やノウハウはもとより、マーケティング力、コミュニケーション力など、自己向上への課題は山積ですが、自分が担当した製品が世に出て、人々の腕で、その方の時を刻む様子を見た時に得られるであろう大きな達成感に想いを馳せ、能力向上や技術課題に挑んでいます。

新たな観点で、夢のある時計を生み出す

時計設計 職場風景3

SIIの時計製品が世界的に高い評価を受けるのは、『最高の品質の提供』という理念のもと、真面目にモノづくりへ取り組んでいるからです。ただし、少し視点を変え、SIIの時計製品を客観的に評価してみると、「もっと遊び心のある製品があってもいいのでは‥‥」と思うときがあります。こういった観点から設計サイドが新たな製品のアイデアを提案できたら、ヒット商品(ブランド)が生まれる可能性が拡がります。SIIには優れた技術ノウハウ・人材・設備がそろっていますし、チャレンジ精神を応援する環境も整っていますので、今後は設計サイドからより積極的に新たな提案を発信し、優れた技術者の方々と力を合わせ、世の中に感動を与えられる『夢のある時計』を生み出していきたいと思っています。