SII キャラクター

営業・スタッフ系(電子デバイス営業)

今井 悠人Yuto Imai

電子デバイス営業総括部 営業一部 2009年入社

私自身は業種や業界を絞った就職活動を行ってきましたが、もし、もう1度新卒で就職活動をするなら、もっとさまざまな業界の情報収集をします。就活は人生で数少ない、自分で仕事を選ぶ機会です。自分に合う業種や会社を見つけるためにも、興味がある業界だけでなく、例えばその周辺の業種にも目を向けてみてください。SIIも腕時計だけでなく電子デバイスなど数多く扱っています。自分が知らないだけで優れた製品を作っている会社はたくさんありますので、広い視野を持って就職活動をしたほうが自分に合う会社が見つかると思います。学生にはあらゆる門戸が開かれているのですから。

仕事に慣れてきたと思っていても 日々、新しい発見がある面白さ。

製品の中に使われる「部品」にも多くの技術が詰まっている

電子デバイス営業 職場風景1

私たちが使う製品にはたくさんの小さな部品が使われており、それらを製造する日本企業は世界に誇れる高い技術を持っています。SIIもそうした企業の1つで、腕時計メーカーとしての長年の技術の蓄積により小型化や高精度化を得意としています。私が扱っているのも、もともとはクオーツ時計用として開発された電池から発展した超小型の二次電池(充電可能な電池)と電気二重層キャパシタです。これらは、デジタルカメラやドライブレコーダー、防犯カメラなどが、メイン電源を失ったときにリアルタイムクロック(内蔵時計機能)の時刻が狂わないためのバックアップの電源として使われており、私は、その国内営業と台湾販社の窓口を担当しています。

腕時計製造の技術を使ったSIIらしい製品を扱う

電子デバイス営業 職場風景2

主な仕事内容としては、SIIの二次電池を、カメラなどの完成品メーカーや産業用モジュールなどを扱う電子部品商社に納めることです。お客様からの注文に応じて納期や納入数を調整したり、電気回路の設計部へ営業を行いますが、全く新しい製品に使われる場合はこちらから最適な電池を提案することもあります。キャパシタも同じく電気をためる部品ですが、二次電池のように化学反応を使わないため劣化が少ないという特長があります。SIIのキャパシタは容量が大きく電池のように使うことも可能なので、太陽光や振動発電などのエナジーハーベスト(環境発電)向けといった、バックアップ用途以外の活用の場を広げて需要を掘り起こすための活動も行っています。

「お客様のお客様」についても調べ、次の営業活動につなげる

電子デバイス営業 職場風景3

営業活動で心がけているのは、普段からお客様の製品情報をインターネットや新聞などを使って収集しておくことです。また、納入したSIIの製品がお客様の商品に組み込まれて、どこに送られ、最終的にどのように使われるのか、つまり「お客様が作った製品を使うお客様」についても可能な限り調べるようにしています。それが営業中の会話を広げることになりますし、調べることでお客様の製品により興味を持てます。さらに、納めた製品がお客様の使われ方に合っているのかどうかや、新しい営業先や新製品開発のヒントになることも少なくありません。他の製品を売り込む機会にもなるため、そうした情報は営業部内で共有するようにしています。