SPM400お試しキャンペーンについて

カタログPDFダウンロード

文字入れサービス(有料)受付中

SIIグリーン商品ラベルこのマークは、SII独自の環境配慮基準を満たした 商品であることを示すものです。

Twitter Facebook

TOP > やってみよう > 拍子(ビート)の合わせ方

やってみよう−メトロノームの使い方

3拍子(ビート)の合わせ方

単純拍子

2拍子、3拍子、4拍子など強弱の位置が単純なものをいいます。
一般に、2拍子と3拍子は、1拍目が強拍となり、4拍子では、1拍目が最強拍、3拍目が強拍となります。

単純拍子
4分の3拍子と読み、1小節の中に4分音符が3つ分あることを示します。

メトロノームでは拍子を「3」に合わせます。

複合拍子

3拍子が2つで6拍子、3拍子が3つで9拍子、3拍子が4つで12拍子、というように3拍子が組み合わされてできた拍子を複合拍子と言います。3拍子を1つのグループ(1拍)として数え、6拍子ながら2拍、9拍子ながら3拍、12拍子ながら4拍として数え、単純拍子とは異なる拍子感があります。

複合拍子
この拍子は、8分音符3つ分を大きく1拍として数え、2拍子で数える場合もあれば、3拍子、6拍子で数えることもあります。
曲に応じて拍子のとり方が変わります。

混合拍子

異なる単純拍子が2種類以上混合している拍子で5拍子(2拍子と3拍子)、7拍子(3拍子と4拍子)などがあります。

混合拍子
1拍を4分音符とします。分け方によって数え方が変わりますが、 2拍子、3拍子で数える時は「イチ・ニ、イチ・ニ・サン」 3拍子、2拍子で数える時は「イチ・ニ・サン、イチ・ニ」となります。
メトロノームでは拍子を「5」に合わせる場合が一般的です。



前ページへ次のページへ