メトロノームウオッチ

特別コンテンツ

カタログPDFダウンロード

SIIグリーン商品ラベルこのマークは、SII独自の環境配慮基準を満たした 商品であることを示すものです。

Twitter Facebook

振り子メトロノーム・SPM400ブラック

ブラック(B)

振り子メトロノーム・SPM400ホワイト

ホワイト(W)

SIIグリーン商品ラベル

振り子メトロノームSPM400

希望小売価格:5,500円 (税込6,050円)環境にやさしい

持ち手付きで運びやすいセイコーメトロノーム SPM400

SPM400は、吹奏楽部の指導者・生徒の意見をふんだんに盛り込んだ学校向けにぴったりの振り子メトロノームです。

  • 持ち運びに便利な持ち手付きで移動中の落下を防ぎます。
  • どんなシーンでも合うスタイリッシュなデザイン、白と黒のバリエーション
  • ケースには落下衝撃に強い素材を使用しています。
  • おもりに(鉛ではなく)黄銅を使用しているので環境にやさしい

チェリーピンク(C)     スカイブルー(M)

製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。




特長

持ち手付きで運びやすい

フタは収納可能

●落下防止 持ち手付きで運びやすい

持ち手を使って運搬することで、教室間の移動など持ち運び時の落下を防ぐことができます。

●フタが本体背面に収納可能

フタはメトロノーム使用時には本体背面に収納でき、紛失や落下による破損などのトラブルを防止できます。

●ケースは破損しにくい素材を使用

耐衝撃性向上のために、これまで以上に衝撃に強い素材をフタや外装ケースに採用しました。

●環境に優しいメトロノーム

セイコーメトロノームは錘に鉛ではなく、黄銅を使用しています。

仕様

サイズ 87(W)×201(H)×110(D)mm
重量 415g
テンポ 40~208回/分(39ステップ固定)
ビート 0,2,3,4,6 拍子
本体カラー ブラック、ホワイト、チェリーピンク、スカイブルー
持ち手 持ち手長さ:約115mm

※本体の底ぶたについているストッパーは、メトロノーム使用時には取り外してください

音声/動画

以下よりテンポ音をご確認いただけます。

SPM400 テンポ音

以下より製品紹介動画をご確認いただけます。

サポート

取扱説明書ダウンロード

よくあるお問い合わせ

お客様からお寄せいただくよくあるお問い合わせをまとめました。
お問い合わせの前にぜひご確認ください。

Q. 振り子メトロノームを修理に出したいのですがどうしたらよいですか?
メトロノームのご購入店かお近くのSEIKOのメトロノーム、チューナーを取り扱っている楽器店で修理をお申し付けください。
Q. 上下に動かすオモリ(遊錘(ゆうすい))、底のカバー(底フタ)、カバー(前フタ)、拍子切替ツマミ、ゼンマイを巻く部品(巻きカギ)は単品で購入できますか?また、どこで購入できますか?
はい、できます。SEIKOのメトロノーム、チューナーを取り扱っている楽器店の店頭でお取り寄せにてお求めいただけます。お使いのメトロノームの機種名と必要な部品名をお伝えください。
Q. 振り子メトロノームの修理料金はいくらですか?(お見積)
SPMシリーズとWPMシリーズで修理料金が異なります。詳しい料金はご購入店かお近くのSEIKOのメトロノーム、チューナーを取り扱っている楽器店にて事前に修理料金や送料のお見積もりをご確認のうえ修理をお申し付けください。
Q. 修理に要する期間はどれくらいですか?
通常2週間ほどのお時間を頂いておりますが、時期、機種、修理内容により修理期間が異なる場合がございます。詳しい修理期間につきましては修理をお申し付けになられた楽器店へご確認をお願いいたします。
Q. メトロノームを使い終わった後はゼンマイを全部使い切ったほうが良いですか?
使い切らなくても問題はありませんが、長期間使用しない場合は使い切った状態での保管をお勧めします。
Q. 1年間の製品保証期間内ですが、落下させてしまい故障しました。この場合は保証(無償修理)が適用されますか?
いいえ、落下の場合は保証期間内であっても保証が適用されず有償修理となります。また、お客様から落下等のご申告が無い場合でも現品を弊社修理センターで確認し落下と同等の損傷と判断した場合は有償修理とさせていただく場合があります。
Q. 落下させてしまい、メトロノームのテンポが左右で不均等になりました。自分で修理できますか?
いいえ、できません。そのような場合はご購入店かお近くのSEIKOのメトロノーム、チューナーを取り扱っている楽器店で修理をお申し付けください。
Q. 外装や中の機械に著しい損傷がありますが、修理できますか?
現品を弊社修理センターで確認し、外装(本体ケースやカバー)や中の機械部品に著しい損傷があり修理不能と判断された場合は全損扱いとなり、修理をお断りする場合があります。

【お問い合わせ先 お問い合わせフォーム】

お問い合わせフォーム(https://krs.bz/sii/m/music_inq_jp)