会社概要

セイコー・イージーアンドジー株式会社(SEIKO EG&G)は1983年に株式会社第二精工舎(現セイコーインスツル株式会社)と米国EG&G INC.(現PerkinElmer Instruments)との合弁会社として設立されました。設立当初より科学機器および原子力関連機器の分野における世界の最先端の技術を日本のマーケットに導入する一方、技術を結集して自社製品の開発に取り組み、独自の営業・技術サポート体制を確立してまいりました。

2001年12月、米国AMETEK社のPerkin Elmer IRASグループ買収に伴い、AMETEKエレクトロニクス機器グループの新たなビジネスユニットとしてAdvanced Measurement Technology社が事業を継承しております。

技術革新の著しい21世紀、私たちは品質管理およびサービス体制をさらに強化すると同時に、あらゆるノウハウを駆使して求められる商品やサービスを提供し、日本の技術発展に寄与できるよう努めてまいります。

会社名
(英文名)
セイコー・イージーアンドジー株式会社
(SEIKO EG&G CO., LTD.)
本社所在地 東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル6F 〒104-0032
(登記上の本店 千葉県千葉市美浜区中瀬1-8)
設立日 1983年(昭和58年)4月1日
資本金 9500万円
決算期 12月(年1回)
取引銀行 「みずほ銀行」大手町営業部
事業内容 半導体検出器、各種放射線検出器、放射線測定器、核物理等実験用各種システム、放射線分析用システム、理化学計測機器の輸入・輸出・開発・製造・販売・保守サービス
代表取締役 宇南山 仁

 


 
品質方針

SII 経営方針、SII グループ全社品質基本方針を展開し、品質方針を以下とする。
    「お客様の信頼と満足は品質から」を品質方針に掲げ、
    製品(サービス)の品質の維持・向上とお客様満足の向上を図る。

上の目標を達成するために、
(1)当社のマネジメントシステムを整備し、維持する。
(2)該当する法規制、及び顧客要求事項を満たし、顧客満足を図る。
(3)是正処置、予防処置、品質内部監査などの諸活動により、品質マネジメントシステムの適切性、妥当性及び有効性を継続的に改善し維持する。
                              2017 年 10 月 16 日
                                 代表取締役
                                 宇南山 仁