セイコーインスツル株式会社

SEIKO

シーン別活用事例

部分的に測定する温度・湿度管理

サーバールームの温湿度管理

サーバールームサーバールームでは、大量の情報を処理するにあたり最適な設置環境を維持する必要があり、温湿度の測定・管理が重要となります。例えば、室温が高くなれば、サーバーへの負荷が高まり冷却ファンが稼動したり、データの処理速度の低下に繋がり兼ねません。 さらに、情報処理の負荷がかかる個々のサーバーも、その時々の稼動状況によって異なるといった状況変化の特性を持ち合わせています。このように「部分的に加熱している」といった環境では「熱溜まり」という現象が起こり易く、部分測定による温湿度の管理が有効です。こうした室内環境の計測に「ミスター省エネ」は最適です。


部分測定で「熱溜まり」を解消

「ミスター省エネ」の特長の1つに、設置場所が簡単に変更でできることが挙げられます。温度・湿度の測定値を無線で送信するため、有線と違い部分測定のための場所変更が容易です。こうして部分的に測定した数値を分析し、制御システムで管理することで「熱溜まり」を効果的に解消することが可能です。また、機器増設の際、自動認識機能での接続が可能。面倒な機器増設の設定が不要です。しかも、本機が出す無線はサーバーの動作に影響を与えません。

サーバールーム熱だまり解消

ここがのポイント
● 無線なので、センサーを移動しながら熱だまりを特定できます。
● 磁石で簡単に設置できます。