セイコーインスツル株式会社

SEIKO

よくあるご質問

価格について

Q. 販売価格を教えて下さい。
お問い合わせフォームへの入力をお願いします。

貸出しについて

Q. 通信の実験をしたいのですが、機器の貸し出しは可能ですか?
貸出しサンプル在庫がある場合、2週間の貸出が可能です。弊社までご相談下さい。

ノードモニタについて

Q. ノードモニタは無償ですか?
無償で御利用できます。ダウンロードの際にユーザー登録をお願いします。
Q. ノードモニタはLinuxに対応していますか?
Linuxには対応しておりません。Windows XPとWindows7にのみ対応しております。
Q. 電波強度を確認できますか?
ノードモニタを使用すればノード・ルータ・ベース間の電波強度を簡単に確認する事ができます。

無線通信について

Q. 特定小電力無線とありますが、免許や登録が必要ですか?
製品として電波法の認証を受けていますので、お客様が免許を申請したり登録する必要はありません。製品を購入後そのまま御使用できます。
Q. 無線の通信距離は何mぐらいですか?
見通しの良い屋外で100m以上。室内では約50mですが、電波障害物など設置環境によって距離が異なります。オフィス環境では20m~30mが一般的です。
Q. 配電盤の扉の内側に電力ノードを設置して電波を送信できるのですか?
配電盤の扉の内側からでも電波送信できますが、扉で電波強度が減衰しますので、ベースでの電波強度が弱い場合にはルーターを使用します。また、オプションの延長アンテナをご利用いただくと、アンテナのみを配電盤外に設置できますので、電波が減衰することなく通信することができます。
Q. ビルの階をまたいだ通信はできますか?
過去の設置事例では階をまたがっての通信が可能です。通信しづらい場合は、窓際に設置すると電波がビルの壁を回り込んで通信しやすくなります。

ホストPCとベース間通信について

Q. PCアプリを自社開発をしたいのですが、PCとベース間のプロトコルを開示して頂けますか?
プロトコル仕様は開示できませんが、通信データのフォーマットを説明したメッセージ仕様については開示可能です。弊社までご相談下さい。
Q. ホストPCとベース間の通信仕様について教えて下さい。
RS232Cシリアル通信仕様は以下の通りです。
  • 転送レート:115kbps
  • スタートビット:1
  • データ長:8bit
  • パリティ:無し
  • ストップビット:1
  • ハードウェアフロー制御(CTS/RTS)
  • 転送モード:ASCIIモード

接続可能ノード台数について

Q. 1台のベースで何台のノードと通信できますか?
中継するルータの台数や送信時間周期によって変わります。例えば、ルーターを1台使用し、ノードの送信周期が5分間隔の場合はノードを250台まで接続できます。詳細は弊社までお問合せ下さい。

電池寿命について

Q. ノードの電池寿命を教えて下さい。
SW-4210(温湿照度)、SW-4240(パルス)、SW-4220(人感)は全て10年です。

校正について

Q. センサーの校正をして頂けるのですか?
現在のところ、校正サービスは行っておりません。

送信周期について

Q. 送信周期は何種類の設定がありますか?
送信周期は1分、5分、10分から選択できます。CO2ノードと電力ノードに関しては「定期送信なし」にも設定できますので、必要な時にホストからコマンドを送信し、その応答(測定データ)を受信するという使い方もできます。

ベースについて

Q. PCにRS232Cコネクタが付いていないのですがベースを接続できますか?
RS-232C⇔USB変換器を使用すれば接続可能です。変換機はIO-DATA社のUSB-RSAQ5シリーズを推奨します。
Q. EthernetベースからModbus制御をするのにModbus/TCPプロトコルが使用できますか?
Modbus/TCPが使用可能です。Modbusの制御はModbus/TCPプロトコル、CO2や電力ノードの制御はTCP/IPを利用したセイコーインスツルオリジナルプロトコルになります。

温度・湿度・照度ノードについて

Q. 温度ノードを屋外に設置したいのですが?
温度ノードは屋内使用を想定していますので防水構造ではありません。

電力ノードについて

Q. 電力ノードには何台の電力センサが接続できますか?
SW-4260-1110は4台接続、SW-4260-1120は8台接続に対応しています。

パルスカウントノードについて

Q. パルスとは何ですか?
パルス発信式の水道メータ・ガスメータ・電力計などに接続し、そこから出力されるパルス数の数をカウントすることによって、水道・ガス・電力などの積算使用量をパルス量に換算して測定を行うことができるノードです。
Q. パルスカウントノードは1台で何系統のパルスをカウントできますか?
1台で2系統のカウントが可能です。ただし、送信周期は別々には設定できず2系統とも同じ設定になります。
Q. パルスカウントノードの入力形式を教えて下さい。
パルス入力は「無電圧a接点」または「オープンコレクタ」に対応しています。
Q. 水道メータにパルスカウントノードを接続したいのですが、水道局への申請方法を教えてください。
パルス発信式水道メータへパルスカウントノードを設置する場合、水道局への申請は必要ありません。ただし、費用はお客様負担で、お客様の敷地内に設置して下さい。

CO2ノードについて

Q. CO2ノードのNDIR方式とは何ですか?
NDIRとは、非分散赤外線吸収法(Non Dispersive Infrared Gas Analyzer)の事で、CO2の測定方法の一つで、CO2の分子が4.26umの赤外線を選択的に吸収する性質を利用します。具体的には、赤外線ランプと光センサーをセルの両端に固定し、センサーで受ける赤外線量の測定を行いCO2濃度を計算で求めます。セル内のCO2濃度が高い場合は、赤外線が多く吸収されるので、センサーで受ける赤外線量が少なくなります。
Q. CO2ノードの測定精度について、長期間(数年間)設置し続けると、経年変化はありますか?
CO2センサーモジュールは補正用基準センサーと測定用センサーの2種類のセンサーが内蔵されています。補正用基準センサーから得られたデータを基に測定用センサーの出力データを補正することにより、センサーモジュールとして自動補正を行います。このような自動補正は24時間毎に行われ、経年変化を防止し精度を維持しています。

Modbusノードについて

Q. Modbusのコマンド全てに対応していますか?
1回の通信で無線通信できるパケット容量が限られているため、レジスタ読書きのようにバイト数が少ない(アドレス+ファンクション+データの合計が10バイト以内の)コマンドに対応しております。複数アドレスのレジスタ読出しのような10バイト以上を要するコマンドには対応しておりません。