セイコーインスツル株式会社

SEIKO

システム構成例

無線センサーネットワーク「ミスター省エネ」は、ビルなどの建物の電力解析に最適で、オフィス環境の電力削減に効果を発揮します。
下図のとおり、測定ポイントにノード(検出子機)を設置し、各階にルーター(中継機)を設置することで、中央監視などのベース(親機)に情報を集約、「電力の使用量の見える化」が行えます。
さらに、電力消費量が高いポイントの精査だけでなく、Modbusノードなどを利用することでエアコン等の機器制御も可能です。

システム構成例

ビル内には、電波を遮断する様々な障壁があります。ミスター省エネは 次の機能を主に活用し、測定値を無線でベースへとデータを送信しています。

①マルチホップ

マルチホップ・中継機能を備えており、ルーター(中継機)を活用した広範囲通信や、複数ルートでの安定した通信が可能です。

②アドホック

ノード(検出子機)は、通信の自動接続機能の通信方法を搭載しています。 仮に従来の通信ルートが遮断されてしまっても、新たなルートを自動的に探し、データの通信ルートを確保します。

③自動認識機能

ベース(親機)は、ルータ(中継機)・ノード(検出子機)を自動認識。電源を入れるだけで、接続設定は完了です。面倒な設定もミスター省エネなら不要です。