会社沿革

1937年 服部時計店の腕時計製造会社として、(株)第二精工舎(現セイコーインスツル(株))を設立
1939年 東京・亀戸に本社工場を竣工
1945年 東京大空襲により、亀戸工場が壊滅的被害を受ける
1949年 戦時中、各地に疎開していた工場の亀戸への引き揚げを完了、翌年より本格的に生産活動を再開
1954年 戦前の月産10万個体制を回復、この頃より生産の近代化を推進
1964年 第18回オリンピック東京大会で、セイコーが公式計時を担当
1967年 時計の精度を競うスイスのヌシャテル天文台コンクールで上位入賞
1968年 電子部品の製造会社としてPrecision Engineering Ltd.(現Seiko Instruments(H.K.)Ltd.)を設立(現在は電子部品等を販売)
1970年 世界初 CMOS ICを搭載したクオーツウオッチを発売
1970年 腕時計の製造会社として盛岡セイコー工業(株)を設立
1973年 腕時計等の製造会社としてSingapore Time Pte. Ltd.(現Seiko Instruments Singapore Pte. Ltd.)を設立
1981年 北米における多角化製品の販売会社としてSeiko Instruments U.S.A., Inc.を設立
1983年 米国EG&G INC.(現PerkinElmer Instruments)との合弁会社として、セイコー・イージーアンドジー(株)を設立
1983年 欧州における多角化製品の販売会社としてドイツにSeiko Instruments GmbHを設立
1983年 社名をセイコー電子工業(株)に改称
1984年 電子部品の販売会社としてSeiko Precision Co., Ltd.(現Seiko Instruments Taiwan Inc.)を設立
1988年 時計部品等の製造会社としてSeiko Instruments(Thailand)を設立(現在はHDD部品等を製造)
1989年 時計部品等の製造会社として大連精工電子有限公司を設立
1990年 セイコー電子工業グループの統合ブランドとして「 SII 」を制定
1993年 千葉・幕張新都心に本社ビルを移転
1997年 社名をセイコーインスツルメンツ(株)に改称
2001年 インクジェットプリントヘッド製品の製造・販売会社としてエスアイアイ・プリンテック(株)を設立
2004年 社名をセイコーインスツル(株)に改称
2004年 機械式腕時計の一貫生産を担う「雫石高級時計工房」を盛岡セイコー工業内に開設
2005年 電子部品等の販売会社として、精工電子商業(上海)有限公司を設立
2006年 電子部品等の製造会社として、精工電子技術(上海)有限公司を設立
2009年 セイコーホールディングス(株)の100%出資会社となる
2013年 水晶関連製品の製造会社としてエスアイアイ・クリスタルテクノロジー(株)を設立
2016年 半導体製品の製造・販売会社としてエスアイアイ・セミコンダクタ(株)を設立
2018年1月に持分法適用会社に異動するとともに社名をエイブリック株式会社に改称