生産技術

長年にわたる生産技術の革新は、SIIの最先端技術を生み出す源泉の1つです。
SIIでは、これまで培ってきた生産技術力を次世代に継承すると同時に、常に一歩先の未来を実現するテクノロジーとの融合を図り、新しい時代を切り拓いています。

生産技術

生産効率を最適化する「新しいものづくり」

IoTや人工知能を活用した製造工程のデジタル化により、生産効率を最適化する「インダストリー4.0」。SIIでは、この考え方を取り入れた「SII SMART FACTORY」の実現に取り組んでいます。
例えば、販売数量や在庫などの情報をネット経由で把握し、状況に合わせた生産を行うよう自動でラインを組み替えたり、設備の異常やパフォーマンス低下をセンサーが感知して自動的に修復したりと、ものづくりのあり方を変える可能性を秘めた製造ラインの実現を目指しています。

SII SMART FACTORYの概念図
SII SMART FACTORYの概念図

性能向上、設計期間短縮を目指すコンピューターシミュレーション

製品開発、設定段階において、部品材料の応力状態や成形部品の樹脂流動状態など、肉眼では観ることのできない物理現象をコンピュータシミュレーションで解析し、設計や製品性能の検証に活用しています。また、製品や部品そのもののシミュレーション以外にインクジェットプリンターのヘッドから吐出されるインク(液体)の流動解析をスーパーコンピューターと並列計算ソフトウェアを組み合わせた3次元解析を利用して、製品性能の向上や設計期間の短縮などにつなげています。

歯車の樹脂流動(左)やインクの吐出状況をシミュレーションした画像