DSPEC LF 【ガンマスペクトロメータ】

概要

DSPEC LF はORTEC社製DSPベースのガンマスペクトロメータで、HPGeとNaI検出器が対象となります。DSPEC LF は検出器信号を最適のパラメータでプロセス処理し動作させる最適化機能を有し、SMART1をサポートするなど使い勝手の良いユーザーに優しいMCAです。
また、DSPEC LF は動作安定性に優れ、温度変動や計数率変動に対するスタビライズ機能を有しています。PC-DSPEC LF間I/FはUSB2.0となっており、高速なデータ転送が可能です。

特徴

  • ORTEC製SMART-1またはDIM(Detector Interface Module)を使用してDSPEC LFと検出器を1本のケーブルで接続。
  • リアルタイム、ライブタイム、高圧、スタビライザ機能の稼働状態を本体のLCDに表示。
  • MAESTRO標準添付
  • USB2.0による高速データ転送が可能

仕様

  • ディスプレイ: 240×160ピクセルバックライト付LCD
    ステータス情報/機器ID/バイアス情報/ライブ&リアルタイム表示
  • 最大システムスループット:>100,000cps
  • システムゲイン設定:
    コースゲイン; 1、2、4、8、16、32
    ファインゲイン; 0.45〜1
  • プリアンプ: レジスティブ または TRP をPCから選択可
  • システム変換ゲイン: 512〜16kチャンネルでソフトウェア制御
  • システム温度係数:
    ゲイン: <50ppm/℃(代表値<30ppm/℃)
    オフセット: (フルスケールの)<3ppm/℃ (Rise/Fallタイム=12μs、
    フラットトップ=1μs)

  • 寸  法: 8.1(H)×20.3(W)×24.9(D) cm
  • 重  量: 1.0 kg

ORTEC 製品一覧