DSPEC jr 2.0 【ガンマスペクトロメータ】

概要

DSPEC jr 2.0 はORTECによるDSPベース第五世代のガンマスペクトロメータです。ORTECのDSPECシリーズによって既に証明された性能に加え、最近のデジタルフィルタテクノロジー(低周波レジェクタ)と最も速く、最も新しいデータ転送が可能になりました。

特長

  • 画期的なZDTTMロスフリーカウンティング補正
  • 最新のLFR(低周波リジェクタ)テクノロジーでより良質のスペクトル
  • サンプルチェンジャーの接続・制御が可能。自動化で研究室の生産性が向上
  • USB2.0による最速のデータ転送が可能

仕様

  • ディスプレイ: 240×160ピクセルバックライト付LCD
    ステータス情報/機器ID/バイアス情報/ライブ&リアルタイム表示
  • 最大システムスループット: 
    (LFR off の場合) >100,000cps
    (LFR on の場合) >34,000cps ※シェイピングパラメータに依存
  • システムゲイン設定: 
    コースゲイン; 1、2、4、8、16、32
    ファインゲイン; 0.45〜1

  • プリアンプ: レジスティブ または TRP 選択可
  • システム変換ゲイン: 512〜16kチャンネルでソフトウェア制御
  • システム温度係数: 
    ゲイン: <50ppm/℃(代表値<30ppm/℃) 
    オフセット: (フルスケールの)<3ppm/℃ (Rise/Fallタイム=12μs、
    フラットトップ=1μs)

  • 寸  法: 8.1(H)×20.3(W)×24.9(D) cm
  • 重  量: 1.0 kg

ORTEC 製品一覧