時間波高変換器 【TAC】

タイミングアプリケーションでピコ秒の精度を必要とする場合、TAC (Time-to-Amplitude Converter 時間波高変換器) が第一候補に挙げられます。TACはアナログ技術を用いて短い時間間隔をパルス振幅に変換するため、極めて優れた精度を達成します。つまり、TACにより入力“スタート”パルスと入力“ストップ”パルス間の時間間隔に比例した出力パルスが得られます。このパルスは一般的にADCまたはMCAに供給され、波高スペクトルを測定します。

ガンマコインシデンス測定(同時計数測定)や蛍光寿命測定(Fluorescnece Lifetime Spectroscopy)など、TACを用いたタイミング測定に関する詳細は、こちらを参照下さい。

1件〜3件 (全3件)

462 【タイムキャリブレータ】

特長 時間差波高変換器の高速、簡単校正 10nsに対して±10psの精度 100ppm/年の長時間安定性 80ns〜80μsのレンジで10ns〜10μsの時間間隔校正   仕様 タイムレンジ: 最小80ns 最大81.9 […]

メーカー名 : ORTEC

カタログPDF

PDF

566 【時間差波高変換器】

特長 10ns〜2msのレンジにおける時間スペクトロスコピ VALID START・VALID CONVERSION出力 出力ディレイ・出力幅の選択可 ストップまたは外部ストローブ信号と出力を同期 不要なスタート入力信号 […]

メーカー名 : ORTEC

カタログPDF

PDF

567 【時間差波高変換器/SCA】

特長 10ns〜2msレンジの時間スペクトロスコピ コインシデンス測定用タイムウィンドを設定できるSCA付 VALID START・VALID CONVERSION出力 出力ディレイ・出力幅調整可 ストップまたは外部スト […]

メーカー名 : ORTEC

カタログPDF

PDF