TLD ・TLD リーダ

香辛料、ハーブ、乾燥野菜などの照射食品の検知法は、1996年に欧州標準化委員会(=CEN※European Committee for Standardization)による熱ルミネッセンス法(TL法)が標準分析法として発表されました。このヨーロッパ標準のTL法(EN-1788)では、食品から鉱物質を分離して熱ルミネッセンス(=TL)を測定、評価します。付着鉱物質を分離することができれば、さまざまな食品の検査が可能です。
照射の有無を判定するには、TL測定(T1)後、既知の線量(CENによる方法では1kGy)を照射してTL測定(T2)による標準化法を行います。そのTL比(T1/T2)が ≦0.1を非照射、≧0.5を照射済みとし、0.1〜0.5についてはTL曲線で判定することが提唱されています。

1件〜2件 (全2件)

Harshaw 3500 【TLD リーダ】

概要 Harshaw 3500 は、「放射線照射された食品の検知法について」においても紹介されているコストパフォーマンスの高いサーモ製TLD3500リーダです。リボン(チップ)、ロッド、マイクロキューブまたはパウダー等、 […]

メーカー名 : Thermo Fisher Scientific

カタログPDF

PDF