Micro-trans-SPEC【バッテリー駆動型ポータブルγ線核種分析装置】


Micro-trans-SPECはORTECの経験と高度な技術を結集したポータブルγ線核種分析装置です。 Micro-trans-SPEC は結晶サイズは従来のtrans-SPECと同じφ50mm×33mmを搭載しながら、重量で約30%の軽量化を実現しており、またバッテリー駆動タイプであるためドッキングステーションは不要です。本体は、伝統的なガンマ線スペクトロスコピーシステムとして設計されており、Ge検出器の分解能が保証対象となります。測定対象として、セーフガード、In-Situ廃棄物測定、緊急時測定、原子炉モニタリング等があります。

(Micro-trans-SPECはHPGe検出器を搭載し、小型スターリングクーラー、DSPエレクトロニクス、独自ファームウェアを組み合わせ、設計されています。)

Detectiveセレクションガイドはこちら

バッテリーオプションはこちら

特長

  • バッテリー駆動型ポータブルガンマ線分析装置
  • 超小型なサイズに伝統的なスペクトロスコピーシステムを実装
  • メカニカルに発生したマイクロフォニックノイズを低減させるアクティブノイズフィルター装備
  • 小型、高性能スターリングクーラー採用
  • LN2冷却不要
  • TFTタッチスクリーン
  • 防滴・防塵構造
  • 再冷却時、室温まで待つ必要がありません

仕様

【検出器】 Micro-trans-SPEC
内部HPGe検出器 50mmφ×33mm(結晶)

【MCA】 Micro-trans-SPEC
MCAディスプレイ TFTタッチセンサー(VGA)
コースゲイン 1, 2, 4, 8, 16, 32
ファインゲイン 0.45〜1.0
コンバージョンゲイン 512〜16k
デッドタイム補正 Gedcke-Hale法
積分非直線性 <±0.025%(overtop99.5%)
微分非直線性 <±1.0%

【物理仕様】

Micro-trans-SPEC
外形寸法 37.4(L)×14.6(W)×27.9(H)cm
重  量 6.8 kg
内蔵バッテリー動作時間 <5時間(25℃、HPGe検出器が冷却された状態)
入  力 10〜17V DC
通信ポート SDカードスロット、USB(外部PCへActiveSyncによる通信)、ヘッドホンジャック。

【注】本仕様はMicro-trans-SPEC Rev.1.F以降に準拠

ORTEC 製品一覧