セイコーインスツル株式会社

SEIKO

電力CO2を計測する

CO2センサノード SW-4230-1000

SW-3230
PDFダウンロード

内蔵するセンサーでオフィスビルなどのCO2濃度を測定し、見える化が可能な無線センサーノードです。CO2濃度データをもとに空調設備の制御を行うことで、効率的な省エネが可能となります。

  • CO2センサーを内蔵。計測データを無線ネットワークでホストに送信します。
  • ワイヤレスなので、有線ネットワークに比べて簡単・低コストで導入可能。
  • 測定環境のCO2濃度に関わらず1日1回自動補正(NDIR方式)を行うため、メンテナンスが低減できます。
  • 設置する高度を入力する事により、設置高度の補正ができます。(1~1,500m) ※NDIR方式の場合、高度(気圧)により誤差を生じます。
  • Modbus機器の制御や他センサーとの連携 ミスター省エネシリーズの他センサー(電力、温湿度など)と併用いただくことで、データの相関関係がご覧いただけます。また、Modbusノードとの連携で、空調機などの無線制御が可能です。

省エネ換気を目指した次世代のセンサー

ノードに取り付けられたCO2センサーからの情報は無線ネットワークでホストに送信されます。データをもとに建築基準法やビル衛生管理法の基準値に合わせた換気制御を行うことで、省エネが達成できます。

SW-4260
  CO2センサーノード
型番 SW-4230-1000
機能 CO2センサー内蔵端末
CO2濃度測定 測定範囲:0~10,000ppm
測定精度:±75ppmもしくは±10%の大きい方
自動補正 24時間ごと
応答性 2分以内に90%の読み値
測定周期 送信なし / 1分 / 5分 / 10分
もしくはホストからのコマンド要求時
通信周波数 特定小電力無線 ARIB STD-T108(920MHz帯)
通信速度 100kbps
通信距離 見通し100m以上(屋外環境下) ※使用条件により異なります
電源 ACアダプター
質量 約120g
外形寸法 83(W)×104(D)×26(H) mm
温度条件/湿度条件  0~+50℃/20~90% RH(結露しないこと)

※防滴効果はありません。