ワークライフバランス

ワークライフバランスの実現

SIIでは社員の一人ひとりが能力を充分に発揮できるように、仕事と家庭生活との両立を支援する各種制度を定め、継続的な充実も図っています。
なかでも介護休職制度は、対象家族のうち一人については3年間の休職を取得できます。

時間単位休暇制度については、2017年4月からは従来の2時間単位から1時間単位での運用に変更し、より柔軟な働き方が可能になりました。さらに、2019年5月からは勤務時間シフト制度を導入しました。社員は、事由を問わず、所定の始業時間・終業時間に対して最大2時間ずらした勤務時間を申請できます。
2019年度は2019年10月からの短時間正社員制度の試行導入に向けて、労使で検討する予定です。

 

【制度と利用実績】

制度 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
育児休職 25名 26名 33名 22名 18名 21名
育児短時間勤務 29名 29名 35名 38名 27名 24名
介護休職制度 0名 0名 0名 0名 0名 0名
介護短時間勤務 0名 0名 0名 1名 1名 1名

【2016年度の事例】盛岡セイコー工業(株)が、「いわて働き方改革推進運動」優秀賞を受賞

2016年10月、盛岡セイコー工業は、岩手県が取り組んでいる「いわて働き方改革推進運動」の『いわて働き方改革 AWARD2016』において優秀賞を受賞しました。

「いわて働き方改革推進運動」は、岩手県が2016年6月から展開している、働き方を見直し働きやすい魅力ある企業・団体づくりを進める運動です。
合わせて、優れた取り組みの企業を表彰する『いわて働き方改革 AWARD2016』を実施しています。

盛岡セイコー工業は、参加表明するにあたり実施する自社の取り組み状況のチェックで、すでに取り組んでいる項目が多く、総合的に優れていると認められました。また、エントリー企業82社の中からは最優秀賞に続く優秀賞に選ばれました。
10月14日には授賞式が行われ、岩手県の千葉副知事より表彰状を授与されました。

盛岡セイコー工業では、今後も、働きやすい労働環境を目指した取り組みを進めていきます。

「いわて働き方改革推進運動」優秀賞受賞
授賞式の様子