学術・技術振興

SIIは公益財団法人 新世代研究所(以下、ATI)への寄付や業務支援を通じて、社会貢献としての学術振興に寄与しています。ATIは1986年6月にSII全面出資のもと任意団体として設立されました。その後、より社会的存在意義のある活動をするために1993年6月に財団法人を発足、2012年4月には政府の公益法人改革に伴い公益財団法人に生まれ変わりました。
ATIは個性ある有能な研究者を集め、それぞれの専門領域を越えた討議、交流の場を作るとともに、若手研究者への助成を行うなど、新世代の科学、技術の発展に貢献することを目的としています。現在は「ナノサイエンス」領域の研究支援、助成に力を入れています。

2018年6月、SIIはATIに対して行った寄付に対して、公益に資するものとして「紺綬褒章」を受章しました。紺綬褒章は、国家又は公共に対し功労のある人、社会の各分野における優れた行いのある人などを表彰する栄典の一つで、公益のために私財を寄付し、その功績が顕著な個人または法人・団体に、国より授与されるものです。
SIIは、ATI発足当初よりその活動を支援してきましたが、これからも新世代研究所への支援を通じて、若手研究者の育成や科学技術の振興に貢献していきたいと考えています。

紺綬褒章

ATIホームページ http://www.ati.or.jp/


シンガポールにおける技術振興

シンガポールの子会社Seiko Instruments Singapore Pte. Ltd.のResearch & Development Divisionでは、海外研究開発の拠点としてシンガポール科学技術研究庁傘下の国家研究機関や、シンガポールの大学と共同開発を推進しています。

シンガポールの国立大学との共同開発においては、新規プロセス開発による製品の高付加価値化、生産性向上を狙い、現地で採用した若手研究者が新技術開発を進めています。このような開発を通じて現地学生の研究指導なども行っています。

また、国立高性能コンピューティング研究所(IHPC)と実施しているコンピュータシミュレーションを用いたデバイス設計手法の開発においては、実機とシミュレーションとの整合性を考慮した開発を推進し、試作回数を減らしながら、低消費電力化や高効率化を実現する高性能なデバイス開発に成功しています。

ローカル研究者による新技術開発
ローカル研究者による新技術開発

いわて機械時計士技能評価制度

盛岡セイコー工業(株)では、「いわて機械時計士技能評価」を実施しています。
2006年に創設したこの制度は、機械式腕時計の技能評価を通じて、技能の普及と向上や後進への継承を行い、日本の機械式腕時計の復興を目指すもので、岩手県の「技能評価制度」に認定されています。

試験は実技試験と学科試験、面接からなり、2018年度は総勢31名の方が挑戦して下さいました。合格者には岩手県知事認定の合格証書が授与されます。

いわて機械時計士技能評価
いわて機械時計士技能評価

メカ時計セミナー

盛岡セイコー工業(株)では、一般の方々を対象に機械式腕時計の組立が体験できる「メカ時計セミナー」を開催しています。このセミナーは「機械式腕時計のファンを増やしたい」という思いを込めて、2007年より継続的に開催しているもので、これまで212名の方に参加いただいています。

セミナーは、初めての方を対象とした体験コースと少しレベルの高い初級コースからなり、SII製機械式ムーブメント搭載腕時計を教材として使用します。
第12回目となった2018年度は15名の方に時計の分解から組立までを楽しんでいただきました。

メカ時計セミナー
メカ時計セミナー