環境教育

環境教育の推進

環境活動を推進する上で、社員一人ひとりの意識向上と実践は非常に重要です。SIIでは、グループの環境方針の中で、「社員の環境意識の向上を図り、一人ひとりが身近な生活においても環境保全に努めます。」と明記しています。

SIIでは1996年より環境教育プログラムを設定し、継続的に啓発活動に努めています。
環境教育は、一般教育、専門教育、社内資格者養成教育の3つに大別され、教育内容は世間動向や社内ニーズを確認しながら、毎年見直しを行っています。また、各講座終了時には受講者にアンケートを行い、理解度を確認しながら教育の改善に活かしています。

環境教育プログラム

【一般教育】 【専門教育】 【社内資格者養成教育】
新入社員研修 環境配慮型製品・製品環境法規制講座 環境監査員養成講座
新任管理者研修 省エネルギー講座 環境監査員リフレッシュ講座
環境基礎講座 廃棄物管理講座
【管理者向け】環境基礎講座 化学物質管理講座

2020年度はコロナ禍で従来通りの教育が難しい中、感染対策を講じた上での集合教育やリモートシステムを利用した教育にも取り組みました。本社主催の教育には88名(累計4,939名)が受講しました。この他、国内外の各拠点においては、工夫をこらした環境教育や啓発活動を実施しています。

環境情報の配信

本社部門の環境経営推進部では、環境情報発信サイト「エコタウン」を社員用イントラネットに設け、法規制情報をはじめ、グループの環境目標の達成状況、各拠点の活動状況の他、多岐にわたる環境情報を配信しています。