品質管理・製品安全

品質に対する考え方・品質基本方針

SIIはお客様にお届けする製品を、お客様の視点に立って、安全に、そして安心してお使いいただくために、全グループを挙げて幅広い品質保証活動を展開しています。

「お客様価値を創造するQ(Quality 品質)、C(Cost コスト)、D(Delivery 納期)、S(Safety&Service 製品安全及びサービス)を提供する」

これはSIIグループの品質基本方針です。品質のみならず、コストも納期もそして製品の安全性も含め、お客様にご満足いただきたい、というSIIの強い意志が込められています。

この品質方針を具体化するために、品質保証推進体制を構築し、以下を基本施策として取り組んでいます。

1.品質、製品安全に関する国内外の技術法規制、各種規格の遵守
2.開発・設計段階での品質、製品安全の作りこみのしくみづくりと人材育成
3.品質、製品安全に関する情報の共有化

品質保証推進体制

セイコーインスツルの社長のもと、全社品質保証責任者を最高責任者として、各事業部門に品質保証責任者を置き、SIIグループ全体の品質保証体制、及び製品安全推進体制を構築しています。

品質基本方針に基づき、各事業部門は品質保証活動を展開し、また、本社品質保証部門は、本社技術開発部門と協力し、各事業部の品質保証部門との情報共有化、支援、教育、監査を通じて全社活動を展開しています。特に、品質、製品安全情報の共有化のために、SIIグループの各部門の品質保証責任者によるネットワークを構築し、スピードある活動展開ができるしくみをつくっています。

品質保証推進体制

ISO9001の認証取得

SIIグループでは 品質マネジメントシステムの国際規格であるISO 9001(2015年版)の認証を取得しています。
さらなる全社的な品質保証体制の強化を目指し、従来の各事業部門や関連会社単位での認証から、全社統一での認証に向けて取り組んでいます。これまで日本国内サイトの統一化を完了しました。これにより事業部門間シナジー効果が得られ、品質マネジメントシステムの有効性が高まっています。

開発段階からの品質の作りこみ

品質問題やバラツキの原因は、多くの場合、開発・設計段階にあります。SIIが品質向上活動として特に力を入れて推進しているのが、この開発・設計段階で品質を作りこみ、技術完成度を徹底的に高めることです。

その施策として、品質工学や統計的手法、3次元CAD、CAE、機器分析を活用した技術者の思考力の向上や、設計条件や加工条件のパラメータの同時最適化による品質ばらつきの最小化などを、品質保証、研究開発、生産技術、分析評価等の関係部門が共同で取り組んでいます。

 

安全・安心を作りこむ品質保証

SIIの製品安全への基本的な考えは、「お客様へ安全な製品、サービスを確実に提供し、お客様の安心と信頼を高めること」です。継続的な製品安全教育を実施し、製品安全意識の向上と安全技術者を育成しています。

また、SIIグループ内に製品安全連絡会を設置し、全製品について定期的に製品安全・技術法規制点検を行い、製品の安全性と各国法規制への適合を検証しています。

万が一、SIIの製品による事故が発生した場合は、10分以内に経営トップへ報告し、同時に問題の早期解決と再発防止を図った上で、全社で情報の共有化と水平展開を進めています。

業務プロセス点検

本社品質保証部門による「業務プロセス点検」を、海外を含めた全事業部門を対象に実施しています。
これはお客さまへお届けする製品とサービスの品質を作り込むために、企画・開発から製造にいたる全業務プロセスの確実性、意識レベル、改善の進捗、有効性などを点検するものです。