公正で誠実な購買活動

持続可能な調達の考え方

SIIは、親会社であるセイコーホールディングス株式会社で「セイコーホールディングスグループ調達方針」が制定されたことに合わせ、従来のSII購買方針を廃止し、セイコーホールディングスグループ調達方針に準拠することとしました。
これまでSIIでは「サプライヤーパートナーシップの強化」を掲げ、公正で誠実である調達活動を実行してきましたが、持続可能な調達の実現のため、セイコーホールディングスグループの調達方針として掲げた「お取引先との共存共栄」、「環境・社会・ガバナンスに配慮した調達活動の推進」、「お取引先の公平・公正な評価・選定」の実践に努めていきます。

セイコーホールディングスグループの調達方針

セイコーホールディングスグループは、「お取引先との共存共栄」、「環境・社会・ガバナンスに配慮した調達活動の推進」、「お取引先の公平・公正な評価・選定」を調達方針として掲げ、以下の個別方針に基づきグローバルに調達活動を展開していきます。

1.お取引先との共存共栄

セイコーホールディングスグループとお取引先とは、長期的な信頼関係を構築し、互いに助け合うことでともに生存し、ともに繁栄してゆく、共存共栄の関係を目指すものとします。

2.環境・社会・ガバナンスに配慮した調達活動の推進

グローバルな社会規範を尊重し、お取引先とともに環境・社会・ガバナンスに配慮した調達活動を推進します。
(1)法令遵守(各国・地域の下請法、外為法、商法、独禁法、個人情報保護法など)
(2)人権尊重への配慮
(3)労働安全衛生への配慮
(4)地球環境保全(グリーン購入等)の推進
(5)BCP(事業継続計画)の推進
(6)あらゆる利害関係者への贈賄(違法な贈与、支払、利益供与等)の禁止
等に配慮した調達活動を推進します。

3.お取引先の公正・公平な評価・選定

自由競争社会における基本原理である「公正、透明、自由な競争」を尊重し、以下の評価に基づきお取引先を選定します。
(1)環境・社会・ガバナンスへの取組に積極的であること
(2)企業としての信頼性が高いこと(安定した経営状況、リスクマネジメント体制)
(3)セイコーホールディングスグループ製品に貢献できる技術力を有していること
(4)調達品の品質・価格・納期が適正な水準であること
などの観点から総合的な評価により行うものとします。
セイコーホールディングスグループ調達方針に則った調達先(サプライヤー)認定基準をグループ内で共有するとともに、適切にお取引先を選定するグループ全体の仕組みの構築および活用、さらにはサプライチェーン全体における価値向上を実現する活動を目指していきます。

サプライヤー認定制度

SIIでは、サプライヤー認定基準を用いて公平な取引先選定を図るとともに、購買サプライチェーンでCSR体制を構築しています。

SIIグループのサプライヤー認定基準

  • 誠実で公平な取引、人間尊重、社会との共存等を実行するための仕組み
  • 安定した経営状況
  • 環境管理体制
  • 品質、リスクマネジメント等の管理体制

2020年度は、認定サプライヤーの環境・社会・ガバナンス体制が、SII基準に適合しているのかを継続して確認するためサプライヤー認定制度の改定を進め、2021年度は実施と定着を図ります。

下請代金支払遅延等防止法(下請法)の遵守

下請法は購買活動において特に重要な法律です。
SIIでは、本社購買部門に下請法事務局を置き、日常業務における適切な指導、教育等を通じてグループの購買関係者との連携のもと下請法の遵守に取り組んでいます。
2020年度は国内の9購買部門を対象に点検を実施し、下請法の違反がないことを確認しました。

購買リスク管理

製品を提供するメーカーとして、購入部品の供給停止リスクを最小限に抑えることは重要です。購買部門では、地震などの災害発生時に迅速な初動アクションが取れるように、重点管理サプライヤーを明確にし、製造拠点の所在地を把握、かつ、部品の供給停止を防ぐため、代替先や代替品の選定を進めています。

購買部門基礎教育

購買業務に関わる基礎知識の修得を目的として、購買管理者と担当者をはじめ、対象者を設計/製造/生産管理等の購買業務に少しでも関わる部門に広げ、CSRの基礎知識の修得や意識の向上に努めています。
2020年度は調達業務に関わる管理責任者および担当者を対象に、購買活動における基本的事項の確認と啓蒙を目的として、イントラネットを活用した教育を実施しました。今後も継続していきます。