人材の育成

人材育成制度

SIIは、創造性と専門性に優れた人材の育成に努めています。人事部門による階層別教育、品質、環境、知的財産など職種別の専門教育や、職場におけるOJTなどを通して人材育成を行っています。

新入社員については「メンター制度」を導入しています。この制度は新入社員一人に対して一人の先輩社員をメンター(良き相談相手)として任命し、指導や支援を継続的に行うものです。

海外での育成制度

SIIでは、基本的で重要な研修については、海外拠点においても日本と同様の研修を実施しています。

海外拠点の人事スタッフは、自社の人材育成方針、人材育成体系、研修計画を立案し、推進できるスキルを身に付け、自社にて実践しています。現在では、日本からのサポートがなくても、研修の目的とニーズを研修会社に伝え、カスタマイズして研修を実施できるまでになりました。

今後も、海外拠点が人材育成に注力し、社員の成長とモチベーションの向上に繋げていくサポートをしていきます。

キャリア育成の支援

SIIでは自分のキャリアや評価に対して自ら責任を持つ自立・自己責任型社員の育成に注力しています。
「社内公募制度」、「フリーエージェント(FA)制度」、「公募留学制度」などの制度を設け、社員個人の意欲を尊重し、キャリアの選択とキャリアの幅を広げる支援をしています。

技術・技能の伝承

SIIでは、技術・技能の伝承および後継者の育成を目的に、高度な専門性を保有している社員をプロフェッショナル人材として認定する「プロフェッショナル人材制度」を導入しています。 この制度には、研究開発、設計、生産技術などを専門とするスペシャリストと、加工、組立など製造業務を専門とするマイスターのコースがあり、各々3段階のレベルが設定されています。

2021年4月現在、12名のスペシャリストと3名のマイスターが認定され、それぞれの分野で活躍しています。また、プロフェッショナル人材は、後継者育成にも力を入れ、技術・技能の伝承に努めています。

海外製造拠点においても、2018年度にコア技能を保有する人材を対象としたマイスター制度を導入しました。2020年度はコロナ禍のため、審査の実施ができず、新たな現地社員のマイスターを認定できませんでした。審査は2022年度から再開を予定しています。

※対象拠点:大連、広州、上海、シンガポール、タイにある製造拠点。