環境マネジメント

環境マネジメントシステム

SIIは、グループ全体として、また各拠点においても国際規格ISO14001に則った環境マネジメントシステムを構築し、PDCAのマネジメントサイクルを確実に回すことで環境パフォーマンスの向上に努めています。

「SIIグループ環境方針」に基づき、環境活動における中期目標や年度目標を策定し、これらの目標は各拠点の環境マネジメントシステムによって展開されます。
その活動実績は定期的に本社部門の環境経営推進部へ報告され、環境経営推進部では全グループを統括した環境マネジメントシステムを運用しています。

SIIグループPDCA

環境経営推進体制

SIIでは、社長のもと、環境担当役員を最高責任者として、SIIグループの環境マネジメントの推進体制を構築しています。拠点単位と事業部門単位の2つの体制を備え、各々の課題に応じた取り組みを、環境経営推進部が事務局となり、各拠点や事業部門と協力しながら推進しています。

環境マネジメント体制

SII環境推進委員会では、SIIグループの中期計画の審議、各拠点からの活動報告や情報交換を行い、全グループで環境活動を着実に推進していくことを確認しています。
2020年度の委員会は、コロナ禍でも中止することなく、web会議ツールを利用し予定通り開催しました。

環境委員会の様子
環境委員会の様子

 

内部環境監査

内部監査は有効なマネジメントシステムを運用する上で極めて重要です。SIIでは、環境マネジメントシステムと環境パフォーマンスの継続的な向上を主眼に、客観性・独立性を保ちながら内部監査を実施しています。 国内拠点の内部監査では、他の拠点や本社の監査員も参加する相互監査を導入しています。他の組織の監査員が参加することで、監査の有効性を高めると同時に拠点間の情報交換による相乗的な効果も狙っています。また、内部監査員養成講座を設けて監査員を計画的に育成するとともに、内部監査員リフレッシュ講座も設け、監査員の継続的なスキルアップを図っています。

内部環境監査
監査員講座 (大連精工電子有限公司)